© 2016 Shizento Aki S.

身体を旅するトレガー

March 8, 2017

 

旅は五感を通して色々な気持ちにさせてくれる。心をゆったりとさせてくれる景色に出会ったり、ワクワクするような人や街並み、文化と出会ったり。香りや音も、旅を一層豊かにしてくれる。

 

自身の身体に意識を向けて動かしているとき、または、セッションを受けているとき、その部位に旅をしているような感覚がある。意識している部位や、そこにつながる部分が、ゆったりしたり、楽しくなってきたり…。

 

身体の部位が楽しくなるってどういうことだ?トレガーをやる前はそんな感覚を考えたことも無かった。「へぇー、こんな風に身体が揺れるんだ」「関節が笑ってるみたいに動いてる」‥セッションをうけていると、思いもよらない動きや感覚が生まれてくることがある。それが「楽しい」感覚だったりする。

 

トレガーは、もともと自身がもっている「自由な身体、ソフトな身体、軽い身体」を思い出していくアプローチ。自由でソフトで軽い身体‥楽しそうな身体、動きを楽しめそうな身体だ。

 

楽しさのほかにも色々な感覚や気持ちにであう。温泉に入ったときのようにじわりと緩んでいく感覚を味わったり、海を目の前にしてゆったりとした気持ちになって大きく深呼吸してみたり、森で鳥のさえずりに耳を澄ます静かで平和な気持ちになったり。

 

長めの旅から帰ってくると、台所仕事や日々のなんてことのない作業が愛しく思えたりする。日々のルーチンワークから解放されると、リセットされて新たな気持ちでいつもの仕事にとりくめるということか。そのリセット役に、本当の旅はもちろん、身体を旅するトレガーもいいもんだ。

 

全身の旅に出て、最後には自分(の家)に帰ってきて、やっぱり落ち着ける場所だな、と、自分自身に居心地の良さを感じる。あ、やっぱりトレガーって旅みたいだ、と思う。

セッションやメンタスティックスをした後に「居心地の良い自身のからだ(おうち)」を感じられることがトレガーを続ける理由のひとつ。

 

------------------------

写真は葉山マリーナ。トレガーのトレーニング中の1枚。周辺では、ヨット置き場のカランカランという音が聞こえていたっけ。この音はトレーニング中の穏やかな気持ちを思い出させてくれる。

 

Please reload

latest articles

February 17, 2017

October 10, 2016

September 10, 2016

June 28, 2016

Please reload

​Archive
Please reload

Category
Please reload

Tags
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square